FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイコロフィクション二本立て! 

二年生の大宅です。
今回は21日に行われた「超次元カードバトル カードランカー」と
24日に行われた「魔道書大戦 マギカロギア」の感想を書いていきます。

カードランカーもマギカロギアもサイコロフィクションと呼ばれるシステムで、私は大好きだったりします (*´∀`)
カードランカーのほうはPCとして、マギカロギアはGMとしてやらせていただきました。

カードランカーとは、遊●王などの世界観を想像していただけるとわかりやすいと思います。
PCたちはデュエリストならぬカードランカーとなってカードバトルで世の中を駆け上ったり悪を退治したりしていきます。
今回はPCたちの知り合いである少年が悪のカードランカー…ダークランカーとなってしまい、彼を倒し、救うため走り回りました。
「俺のターン!ドロー!」をリアルで高らかに宣言できる日がついにくるとは…!と感動していた私です。
が…出目5がでない!
基本カードランカーをはじめとするサイコロフィクション系のシステムは、出目5をだせば行為判定は成功になるはずなのですが…私のPCだけ出目が酷く、戦闘前のフェイズでほとんどカードがもらえず…
このシステムではカードを使って技をだし、攻撃し、敵からの攻撃をブロックするので、カードの枚数は死活問題になったりします。
案の定ラスト戦闘ではカードをさらに二枚も破壊され(三枚しかその時点でなかったのに!)、非常に苦しい戦いでした。
少し慣れた方だと「この攻撃ブロックできねーから!」とボコボコ敵を殴ったりしていました(ノ∀`)
初めてでしたが、とても楽しかったです!カードゲームが好きな方には是非お勧めのシステムでした。
「リバースカードオープン!」と次は高らかに宣言してみたいと思います(`・ω・´)


さて、続きましてマギカロギアの感想を少し。
今回二回キャンペーンとして立てさせていただきました。一回目は3人、二回目は4人でのプレイでした。

マギカロギアとは、魔法使いであるPC達が悪の意志を持つ魔道書、<禁書>を封印するため、魔法を知らない一般人に憑依した<禁書>の破片、<断章>を集めていくといったシステムです。
一回目は、不治の病にかかった弟を死なせたくない姉が、書籍卿と呼ばれる悪の魔法使いに断章を憑依させられて「同じ一日を繰り返す」という魔法災厄を巻き起こしてしまいました。
それを解決しにPCたちは奔走するのですが…なぜか事件表で恋愛ですぎ!w
それとシーン表でも良く運命変転が発生したり…恐ろしいダイス期待値…
戦闘では、PCの皆さんは書警、訪問者、異端者で結構バランスがよく、それと書警さんの攻撃力が半端なく、あっというまに断章も書籍卿も蹴散らされてしまいました…(ノ∀`)マジックミサイル怖い。
ただ憑依深度が4となっていたため、姉は死亡。
キャンペーン第二回はそんな姉の死の真相を知った弟が魔法への復讐のため、断章を身に宿した書籍卿となるところから始まりました。

第二回目は全員の階梯を1ランク上げてのものでしたが、第一回とは比べ物にならない死闘が繰り広げられました…
積極的に書籍卿たちがPCたちに戦闘を仕掛けていったので、戦闘回数が…8回…?にもなりました。
ほんとお疲れ様でした…!
しかも禁書戦で3人が倒れ、ラストは訪問者と禁書の一騎打ち。禁書の入滅<デス>と呼ばれる攻撃魔法をしのぎつつここ一番でクリティカルをだし、見事禁書を封印した訪問者さんは輝いていました。支援特化だったのに…!

…しかし、なんとラストのリザレクションの処理で死亡したPC三人の出目が1,2 2,2 1,1 。
書警さんは訪問者さんの残っていたラックで振りなおしましたが、異端者さんと二回目から参加の司書さんが消滅する結果に!
も…もうしわけなかったです…

しかし楽しかった!と感想をいただけたので、救われる気分でした。続きやりたい!って言ってくれる人もいたので、都合があえば続きを考えようかな…?

こんな感じで卓充中の大宅でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tktrpg.blog.fc2.com/tb.php/11-f553ab59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。